めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

アナログ加工へタイムスリップ!

2016.11.22

ツイートする

いつも眼鏡学校のブログをご覧いただきありがとうございます。

半年かけてヤゲン位置、ミゾ位置を考えてきた加工の授業ですが
いよいよこれをアナログで具現化する日がやってきました。



ナイロール(ミゾ堀)の幅やカーブは手で修正しないと
自動ではやってくれません(当然)


昔は当たり前でしたよね〜



幅広のミゾは工夫しないとできませんっ。



これはコレで職人芸!!!

溝の中心に切り立った断崖が残りました!

先生も近くが見えにくくなってぱっと見はわかりませんでした。

次週はさらにタイムスリップしてアナログに戻っていきます。



記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会