めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

眼鏡学校のその前・近代編

2017.02.13

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

昭和40年代に大阪万博が開催されるのと時を同じくして
千里ニュータウンも町ができました。



昔は道路に舗装も無く、阪急千里線も終点駅が
千里山の時代 → 南千里の時代 → 北千里と
徐々に延伸した経緯があります。



この前までありましたよね。
安藤忠雄のデザインによる市民センター。
今はセブンイレブンが入るマンションになっています。



この写真は駅前のスクランブル交差点のようです。
筆者も生まれてないからわかんな〜い?



当時の団地は風呂が無く、後付けの風呂を持ち込む家庭もありました。
眼鏡学校前の商業施設横にあるコインパーキングは
かつて大衆浴場でした。



北千里まで延伸した当時の試運転車両です。
本校講師には電車ファンも多く、車両を見れば時代がわかる方も
多いと思います。

こんな歴史もあって学校のみならず
今のニュータウンがあったのですね。


記事一覧へ

コメント一覧

1. 無題 

懐かしすぎて〜〜
涙が出ますわ♡

オカン  2017.02.13

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

資料請求 学校体験会