めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

利き目のお話し

2018.05.24

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

利き手というのは皆様ご存知ですが、
利き目ってお聞きになられたことがありますか?


手や足と同じように、よく使う側を利き目といいます。
人は、利き目を軸としてしっかり見ていて、
もう片方の目は立体像を作るために
補助的な役割をして立体的に物を見ています。
利き目は、普段は意識せずに使っていますが、
スポーツなどで意識的に使う場合もあるそうです。

専門的に言えば
利き目の本当の名前は、『優位眼』といい、
利き目でないほうの目は『非優位眼』といいます。

もちろん、メガネ合わせをする際も考慮しなければいけません。
なかなかご自身では利き目を調べるのもむずかしい場合があるので
眼鏡学校・講師陣にお気軽に相談してください。



さて、利き目の事で面白い記事を見つけたのでご紹介いたします。

利き手が右、利き目が右
(割合74%)
利き手が左、利き目が左
(割合16%)
利き手が右、利き目が左
(割合8%)
利き手が左、利き目が右
(割合2%)
なんと、この組み合わせによって
性格の特徴もわかるようです!

1.利き手が右、利き目が右
(割合74%)
左脳優位で論理的思考が得意です。
物事の核心を捉えることができ
人々をまとめるリーダーに向いています。

2.利き手が左、利き目が左
(割合16%)
右脳優位で芸術性に優れており
感性が豊かです。
直感力があり、人が考えていることや本性
嘘を見抜く力に長けています。

3.利き手が右、利き目が左
(割合8%)
左脳寄りで、小さな変化や物事の
細部にもよく気がつきます。

4.利き手が左、利き目が右
(割合2%)
右脳左脳ともに優れており、ある1つの分野に対して
天才性を発揮することがあります。
歴史上の偉人にこのタイプが多いですが
興味のある分野以外のことには
無関心になりがちです。

う〜〜ん
なるほど
貴方はどれですか?

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会