めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

台湾のメガネ事情

2018.05.31

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

私、今週初めにメガネ屋仲間と台湾へ研修に行ってきました。



台湾でも他のアジア人同様、メガネ人口が多いのですが

当然、メガネ屋も多く過当競争だそうです。


昼間は体感温度34度で暑いので

夕方から夜にかけてお客様も来られます。

従って、昼前開店深夜まで営業の夜型。



台湾の平均的な初任給は12万円、

働いても能力主義なので昇給は望みにくく

なかなか給料が上がらないので、貧富の差が広がり

低所得層は必然的にメガネの予算も低くなります。

メガネ平均予算は数千円との事。


(これは聞いた話ですが、メガネ屋は本業だけでは駄目なので
高利貸し的な副業をする店が少なくない様です)



台湾を始め、アメリカ、ドイツ、フランス、シンガポール、韓国などの

世界45か国では、眼鏡の調整をおこなうにあたり

公的資格を有していることが定められています。

つまりメガネ屋に勤めるには資格が必要なのです。


レンズの位置が少しズレているだけでめまいや吐き気など

メガネが合わない事で健康に与える影響を考えれば当然ですが

日本では特に公的資格の取得は求められていないのが現状です。

つまり素人がメガネ屋をしていても法的にはOK。


よくお客様に「メガネ屋はもっと安い所が沢山あるよ」と言われます。

商品も違いますが店員は正直、ちょっと研修しただけのシロウトなのです。


お客様の見え方に対する悩み、加工技術、フィッティングなど

どれを取っても雲泥の差があります。


日本には公益社団法人眼鏡技術者協会が認める

認定眼鏡士という資格があり

ちゃんとしたお店には資格者が在籍しています。


ただ単に予算ばかりでなく、まずはご相談いただいて

認定眼鏡士のアドバイスをお聞きになってください。



くまモンのパクリではなく高雄のたかモン、高雄熊
熊本とは姉妹都市だそうです。



ちなみに台湾の真の目的はもちろん、台湾ラーメン⁉︎

屋台から発祥した有名店は当然、行きましたとも!




記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会