めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

眼鏡フレームデザイン いろんな切り口から

2015.10.22

本日の授業紹介も恒例“よしだ先生の眼鏡フレームデザイン”です。



夏休みが終わってからの「授業」は、「眼鏡デザイン」を学んでもらい、

実際に「眼鏡」をデザインしていってもらうのですが、



その前段階として、



● 似合うメガネの選び方

● メガネの補正効果

● メガネのデザインの名称

● メガネの素材



なども一緒に学んでもらっています。



これは、先週の授業の1コマで、メガネのシェイプによる「名称」を

学んでいます。



学んだあとは、実際にあるメガネを見て、

「このカタチは、なんて言うカタチ?」と、

より実践で使えるようにしてもらっています。



今日は、「フレーム」の素材の勉強。

金属、樹脂、18金、など、色んなメガネの素材とその特徴、

それの「表記」を学んでもらいました。



こうやって、あらためて「眼鏡業」を「教える側」に立って見てみると、

ホント「医学的」「光学的」なことから、

「カラー」「ファッション」、「接 客」と広範囲で多岐にわたる知識が

求められる職種なんだなと実感しました。



あと、実際に「手を動かす技術」の面も求められるのも「眼鏡業」の特徴ですね。



卒業までに、どれくらいの事を伝えられるか分かりませんが、

出来る範囲で精一杯やっていきたいと思います♪



本校では様々な分野の先生方にご教授いただいていますが



行きつく先は“メガネ”



教え方は違えど重複する講義もあります。



しかし、先生によって解釈や視点がそれぞれですので



生徒さんは色々な見解を総合して自分なりの



“メガネに対する想い”



を造っていってください。





よ しだ先生のおまけ



ドイツに行っていた校長先生のお土産の「葉巻」♪

吸えませんが、一応「雰囲気」だけw







よ しだ先生のおまけ…その2



授業では、黒板にチョークで板書をするのですが、

手が粉まみれになるので、「マイぞうきん」を作ってもらっています♪

かわいくて、お気に入りです!

イメージとメガネ

2015.10.22

紀子先生の『眼鏡ファッション』の講義です。

先生に講義内容をお伺いしました。

メガネは顔の真ん中に掛けるものですから、メガネをかけた時の
イメージがその人のイメージと合っているか
メガネ選びには大切なポイントです。

イメージとは心の中に思い浮かべる姿、像、感覚のことですから

それぞれ個人差があるかもしれないので難しい内容です。



まずイメージを表現する言葉

フェミニン、モダン、エレガント

ロマンティック、ダンディー、レトロ、マニッシュ、クラシック、

スポーティーなど色々な表現を理解して

コーディネートしたモデルさんの写真を見てそれぞれどんなイメージかを分析します。

そして

そのモデルさんのイメージにあったメガネを選び

どんなイメージでそれはどこからきているのかを
発表してもらいました。



今日も生徒の皆さんは

コスチュームのイメージとメガネがピッタリ‼️

お洒落さん達です。




モデルさんを見ながら

フェミニンかなー?

エレガントかなー?

モダンかなー?

どんなイメージかを考えています。



次に

写真のモデルさんのイメージに合う

メガネ選び



それぞれ

前に出て発表してもらいました。



ダンディ・カジュアル

黒のシャープなラインのセル。

クロムハーツのフレームです!



今年のトレンド

エフォートレスなファッション

トレンドをいち早く取り入れるのは

さすが!

増永限定モデルのフレームです。



今年のトレンドカラー

ワインレッドのカーディガンで

クラシックなイメージ



今日の洋服は小柄な人の可愛いイメージにピッタリです。

ブラウスやストライプのフレアースカートがキュートです。

近所のサッカースタジアム

2015.10.21

眼鏡学校のすぐ近く、万博公園横に建設中の
新サッカースタジアムが竣工記念イベントを行いました。

こちらはガンバ大阪のホームスタジアムになります。



新スタジアムは、関西で初の国際Aマッチ使用基準を満たし
収容人数4万人。

屋根部分にソーラーパネルを設置した最新設備です。




驚くのはその整備費用。

新国立競技場の建設費が2500億円と言われていたのに
ナント! 18分の1の140億円です!



その建築費用の多くを市民や地元企業の寄付でまかなったそうです。




賛助企業に本校先生の会社名も見えますね。


吹田市内のご近所はこんな所でも盛り上がっています。

最新測定器見学

2015.10.20

この日は南千里のご近所にある“メガネのセンリ”さんに

全校生徒でお邪魔しました。

お目当ては最新のアイポイント測定器



フランス製のこの測定器はお客様の装用状態から
フレームの各傾斜角度や距離、目の位置を測定し
よりオーダーメイドのレンズ作りに生かす装置です。

関西ではほんの少数の店舗にしか置いていません。



学生の代表が実験台になって使ってみます。



本当はまず、キチンとしたフィッティング!

今回は…



これが測定器。


この鏡のようにみえる部分の中にカメラがあり
連続写真で測定していきます。



次に利き目、近用作業距離測定



そして視紋値計測。

この視紋値とは人間誰しも持っている“見かたの癖”を計測します。
横の物を見る時に首を振って向く“ヘッドムーバ―”と
目線で追う“アイムーバ―”に大きく分かれます。


高級インディヴィジュアルレンズ(個別対応)レンズをお買い上げになると、この情報を生かした見やすいレンズになります。


レンズ各社は現在、インディヴィジュアルレンズの開発を進めていますのでこのような機器は今後、普及していき ます。



またお借りしたいので今後ともよろしくお願いします。

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会