めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

先生、テレビに出ました!

2015.11.30

先週末放映の番組に本校の吉田先生が登場しました。



関西テレビ放送さんの「ウラマヨ」という番組に登場です。



「東大阪」がテーマだったんですが、先生は一応
「〇〇職人」と肩書を伏せたまま怪しいマントを着てスタジオにw



「〇〇」予想クイズのあと、マントを取って「眼鏡作ってます」♪と
「眼鏡職人」をカミングアウト。



この後は、スタジオに色々なメガネを持って行って、
出演者の皆さんにかけてもらいました♪



メガネキャラの「銀シャリ」の橋本さんには「カチューシャメガネ」をかけてもらいました。



「めっちゃ楽!」と言って喜んで頂けました。



ブラマヨの吉田さんには、
私が使っている「極小リーディンンググラス」を
かけてもらいました・・・やや微妙!?



円さんとブラマヨ小杉さんには、かけたら「キス」してしまうメガネを…



実際にかけて、キスまでしてもらいました(笑)



番組ではこれくらいの内容でしたが、実際には他のメガネも
色々とかけてもらいました。

先生曰く「緊張しましたが、スタジオでの収録、メッチャ楽しかったです♪」
学校でも一番のノリのイイ先生。
もう芸能人のオーラが漂い始めています!?

日経夕刊に載りました

2015.11.27

昨日の日経新聞夕刊に本校理事長西村先生の記事が載っていました。



実は西村先生は本校の理事長ばかりでなく
“日本眼鏡販売店連合会”
という日本のメガネ屋さん連合の
会長もされている有名なお方なのです。



今回のような取材やインタビューも数多く受けられています。
普段は学校で心安く話していますが
出るとこに出ればスゴいのですね。

もちろん、眼鏡技術者としても超一流です!!

特殊ツーポイントの加工

2015.11.26

今週の加工は応用編としてむずかしいチャレンジ。

懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか?
HOYAがフレームを販売していた時に一世を風靡した
“ピンフィール”です。



従来のツーポイントフレームはレンズを保持するのに
レンズに穴を明けてビスとナットで止めていましたが
このフレームは横からピンを差し込みます。
販売当初は画期的でした。



レンズに出っ張りがなく拭きやすい。

ただ、当時はメーカー加工が主でしたが融通が利かなくて
自店で加工されていたメガネ屋さんも多いと思います。



ピンの太さとピッタリの穴に接着剤で固定するシステム。
外す時は熱をかけて剥がします。



生徒も慣れない加工に水平が分かりにくいようで
「とっても上手に…」とは言えませんでしたが
いい経験ができたと思います。




三年生は来週から後期の眼鏡店実習が始まります。
色んなフレームを知るのも自信につながります。

タイのレンズ工場

2015.11.25

先生の海外編第三弾になります。
吉田先生が「タイ」に行ってました♪(ぱぉーーん)



タイに工場を持つレンズメーカー“HOYA”が主催する
北は北海道、南は沖縄まで、全国から眼鏡関係者が
50名以上参加するというツアー。

旅行会社の添乗員以外にも、レンズメーカーさんからも
10名ほどのスタッフの方が同行してくれるという万全のバックアップ体制!



バンコクから車で1時間以上はなれた「アユタヤ」と言う街に
工場があるので、朝からバスで移動。

車社会のバンコクでは、街中はいつも「大渋滞」…。

でも、40年以上前からタイに工場を構えるHOYAさんは違います。

なんと・・・

渋滞対策のために・・・



パトカーを先導させての移動!!

こんな事が出来るのもいち早くタイに工場誘致した老舗の日本企業だから。

それにしても、前と後ろのパトカー2台体制!!
いったいどれだけの「ワ〇ロ」を掴ませたのか…



そんな「先導」もあり、スムーズに工場に到着♪



工場の柱には4年前の「大洪水」の際に
「ここまで水位があがった」というプレートも。

私の身長よりも高く、2mほどの高さまで水に浸かったそうです…。



工場内は「写真撮影NG」のため、建物内で撮影できるのはこのエントランスくらい。



工場の内の部屋で、レンズ工場の説明を受けた後・・・



こちらの服に着替えて、たっぷり1時間半くらい工場見学をさせて頂きました。

・・・・・

見学を終えての感想は、

「圧倒的なスケール」と「最新鋭の設備」は来る前から
ある程度想像してたんですが…

驚いたのは、思いのほか「アナログ」に頼る工程が多かったこと。

主に、「レンズの検品」などなんですが、
2000人を超えるスタッフの方々が、
黙々と流れてくるレンズを手に、何重ものチェックを繰り返し
ようやく「日本」に向けて出荷される様を見ていると、

「1つのレンズが出来上がるまでに、こんなに手間暇がかかってるんだな…」と

あたりまえのように届くレンズに対して、
今までは何とも思ってなかったですが、
これからは、この工場の風景を思い出しながら
「ありがたく」手に取って、感謝の気持ちを持って
レンズの加工をしていきたいと思いました♪

工場見学後は・・・

お昼を食べて・・・



「アユタヤ遺跡」の観光に。

工場見学は終わったのに、ランチ、観光と、
パトカーの先導は続き、最後までスムーズな移動が出来ました♪

タイの警官さん、どうもありがとう♪

エキスポシティ オープン!

2015.11.24

眼鏡学校から車で10分少々の万博公園横に
新しくショッピングセンターがオープンしました。



普通の商業施設とは少し違って
とりあえずデカい!



規模だけではなく水族館や体験型施設など
さながらテーマパークのような雰囲気。



モノレール駅から見た正面にはガンダムの巨大模型がお出迎え。
学校にも熱狂的な先生がいてはりますよね。
ガンダムカフェは以前より秋葉原にありましたが
関西は初出店だそうです。



海遊館プロデュースの水族館“ニフレル”は
“〜に触れる”
というのが語源で体験型の施設。
水辺の生き物だけでなくホワイトタイガーも目玉です。




ショッピングセンター内はオープン間もないとあって
人…人…人…
人に揉まれに行っているほど混み合っています。

ちなみにメガネ屋さんが各フロアに一軒づつ、
業態の違う三軒が入っています。
客層も違うので観察してみてください。


学校にお立ち寄りの際はお時間がありましたら
おすすめです。
ちょっとほとぼりが冷めてからの方がいいですけどね。

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会