めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

4年に一度の修正日

2016.02.29

本日、2月29日は4年に一度の閏年(うるうどし)です。



閏年の閏とは門構えの中に王が入る漢字で
単体の意味は余分なものという意味だそうです。

で、この漢字が当てられた意味は
中国古来、暦から外れた日(閏年)には宗廟にて執務する王様が
この日1日は門の中に閉じこもって政務を休んで静養するのだそうで、
『規則的なものからはみ出す』という意味で閏という漢字が
使われたそうな。ホントかよ?(笑)

極めて現実的な閏年の存在意義としては、
元来日本を含む世界中の国で使われている暦といえば
グレゴリオ暦です。

一年365日というのは太陽系の地球の公転周期であります。
正確には365.2422日。

この0.2422日が曲者で、時間の単位に直すと
大凡5時間50分、約6時間となります。





一年で地球の公転周期とグレゴリオ暦の誤差が
これだけ開いてしまうのです。
そして4年で約24時間。この24時間を埋める方法として
閏年が制定されたのですね。

ただ、これだけではまだ不正確で、1582年に制定された
グレゴリオ暦では、西暦が4で割り切れる年は閏年とするものの、
1900年とか 2100年とか下2ケタが0の年は
上2ケタが4で割り切れなければ、
平年といって閏年ではない年にすることとされています。
次の平年は西暦2100年。84年後です。

今の学生なら可能性はありますね^^;



そして本日は4年に一度の“にんにくの日”でもあります。



今晩は精のつく美味しい料理を楽しんでください  

おしょりん

2016.02.26

メガネの関係者なら誰でも知っている
福井県眼鏡工業の祖

増永五左エ門 とその弟 幸八 が、

このたび、物語として書籍化されました。



さあ、“ おしょりん ”とは何の事でしょうか。
 
「人には、二通りある。

 あきらめる人、あきらめない人。」



そして、

作者、藤岡陽子さんの伝えたかった事とは。



(福井県の新聞でも記事が掲載されています)


大阪とも縁の深い、増永眼鏡さんのお話しを
是非、お読みになってください。

虫のメガネ

2016.02.25

本校にはマニアックなくらい“虫”好きな先生が数名おります。
あまり熱く語られるとドン引してしまいますが…
本日は“虫”にちなんだニュースをご紹介します。



特別に考案された昆虫映画と聞けば、
典型的なウェス・アンダーソン監督の作品を連想するかもしれないが、
ニューキャッスル大学の研究者たちは、昆虫用の映画を使って
カマキリが3D映像を認識できることを確かめた。
ロボットの視覚認識改良への扉を開ける研究の一環だ。

カマキリたちは、超小型スクリーンに映し出される特別なテスト映像を
見るために、ミニチュアの3Dメガネを着け、3D映像を見て「獲物を捕った」。

昆虫の3D画像認識を調べるために、研究者チームはカマキリに
小さなメガネを着けさせ、短い動画でスクリーン上を動き回る
小さい虫を見せた。
カマキリたちは、2D映像を見ても虫を捕まえようとはしなかったが、
3D映像になり、目の前やスクリーンの上に虫が浮いているように
見え始めると、それを捕らえようとした。

無脊椎動物の3D映像認識について研究が行われたのは今回が初めて
ではなく、1980年代にサミュエル・ロッセルがカマキリの3D認識能力を
披露したことがあった。
しかし、このときはプリズムとオクルーダー(遮蔽レンズ)だけを
使った実験だったので、カマキリに見せた映像には限界があった。

今回の実験では、新たに設計された3Dメガネを使い、より多様な種類の
映像をカマキリに見せることができるので、新しい研究経路につながる
と期待されている。

『ネイチャー・サイエンティフィック・レポート』に掲載された
論文に関して、研究リーダーであるジェニー・リードは
次のように話している。

「カマキリは、脳は非常に小さいが、優れた視覚をもつハンターで、
恐ろしいほど効率よく獲物を仕留めることができます。
カマキリが周囲の世界をどのように認識しているかを研究することで、
たくさんのことが学べます」

「カマキリのもつ単純な情報処理システムをより良く理解できれば、
3D映像認識がどのように進化してきたかを考察するのに役立ち
コンピューターにおける3Dの奥行認識向上に向けた新しい
アルゴリズムができる可能性があります」


3Dメガネやウエァラブルメガネなど、開発が加速して
昔では夢のようだったアイデアが現実化してきています。
近い将来、メガネは視力矯正だけにとどまらないIT製品に
なる事でしょう。
でも身につける以上、フィッティングは必要です。
メガネ屋さんの業態も変わるかも知れませんね。

通信教育スクーリング

2016.02.24

先週は通信教育生徒のスクーリングでした。

通信教育生は日頃、お仕事をされながら学んでいますが
年に二回、一週間づつ学校授業があります。

それは…
日頃、通信教育では出来ない実技と
テスト
です!



この日は加工実習&両眼視検査
初めてガラスレンズをカットする学生は楽しそう♪



全日制の生徒もお手伝いしています。



でも卒業年度生は隣で超真剣!
この温度差も恒例になっております。

さて、そのテストの結果は…



みなさん、モロに顔に出ます。
自分自身が一番わかりますものね。

ペーパーテストは複数科目ありますが
“光学”が苦手なようで。

↑ !?(゚〇゚;)マ、マジ...

先生は結構優しいので講義の時にヒントを言っていると思います。
しっかり聞いてテストで良い点取ってくださいね。


京都マラソン

2016.02.22

先週末は“京都マラソン”
当校のi先生も参加して汗を流しました。



当日は1万6千人のランナーとそれを支えるボランティア、
そして応援の観客で一杯だったそうです。



i先生のタイムはなんと!3時間40分台。



京都の見どころを回るこのコースで周りの景色は見れましたか〜?

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会