めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

ウェルカム♫イベント

2016.04.28

授業が終わるなり、みんなそそくさと内職を始めます。

今日は何かあるのでしょうか?



船本先生はなんとキッチンで調理を開始。
(着ている服は持参のシェフコート!)

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

パイセンは黒板に…



そう、本日は“新入生歓迎会”です。

4月に入学して在校生とも慣れた頃の恒例行事。

ですが今年は何かちょっと違います。



せっかくの歓迎会ですから新入生に喜んでもらいたい!
との一心で先生が手料理をふるまってくれました。



校長をはじめ、各先生方より多くの差し入れもいただいて
例年よりも豪勢な歓迎会。

それでも平らげるのが若さですね〜。



それだけ生徒に期待してるって事なんですよ〜。

新入生はじめ在校生はこの期待に実績で答えてください!!!


潜入捜査員が密売人を逮捕っ!

2016.04.27

数年来追っていた闇ブローカーを一斉摘発。

ついに連行されていきます。



っていう場面ではありません。 (ー_ー)!!



コチラも恒例の授業。

アイマスクをする事で視力の弱い人を理解する。

ふだん、当たり前の“見える”てコトがいかに大事かわかります。



机の角に「痛っ!」とか

段差がわからなかったりとか…



誘導する側が引っ張ると、相手が不安になるので
こちらを持ってもらいます。




いろんな人の気持ちがわかる
優しい人間になってください。


プレゼンテーション

2016.04.26

部屋を暗くしてパワーポイントを用いてプレゼンです。



と言ってもメガネの話ではなく

「自分の観た映画」というお題で

あらすじを知らない他の生徒にも

解りやすく紹介しています。



人前に立つと上がってしまい上手くしゃべれないものです。

その中で自分の伝えたいコトをどう伝えるのか?



船本先生の授業はいつも学生自身に考えさせる

“人間力を上げる”

授業です。



震災のその後

2016.04.25

4月14日夜に発生いたしました「熊本地震」も
1週間以上が経過いたしました。
依然、活発な余震活動が続いているそうです。

関係者の方々には大変なご苦労がある事と思います。
心よりお見舞い申し上げます。




さて、先週もお伝えしましたがメガネ業界として
情報収集が進んできたようです。


地震発生翌日には日本眼鏡関連団体協議会内に
大規模災害対策本部を設置し、会員店安否情報及び
被災地情報の収集を開始いたしました。

当初は被災地の混乱により情報の収集も困難でしたが
ここ数日から確かな情報が日眼協傘下団体からも寄せられるように
なりましたので、届けられました情報をご報告させていただきます。


『本震のときは大分も相当に揺れましたが、幸いにして、店舗も商品も
被害はありませんでした。
毎日、通常通りの営業を続けています。

高速道の擁壁崩落や、由布院の家屋損壊等の被害がニュース報道
されていますので、ご心配をお掛けしているようですが、県内全般は、
比較的落ち着いて日常生活ができています。
電気、水、交通等のインフラも普通に維持されています。

但し、熊本県内とくに益城と南阿蘇地域の被害は重大で深刻です。
熊本市中心部では、電気も水道も復旧されましたが、周辺住宅地や
被災地域では、水や食品をはじめ生活に必要な物資すべてが不足
しているようです。

本震後、熊本市の日本眼鏡販売店連合会加盟店では従業員の方々が
確保できないため一旦営業を止められたとのことです。

しかし、お客様からの要望があり、電気と水道が復旧し、要員確保が
可能なご本店でシャッターを半分開け、来店されるお客様に対応され
ているとのことです。

日眼協大規模災害対策本部が立ち上がり、援助が可能なことを
伝えました。
いまのところ、自社で賄えているので援助は必要ないが、今後
必要になった場合はお願いしたいとのことでした。』




このように特に益城町と南阿蘇地域の被害は甚大であり
現在も営業が出来ず休業中のメガネ店は少なくありません。

また、家屋の倒壊は免れたものの住むには危険で
避難生活を強いられている方々の苦労は筆舌に尽くしがたいものが
あります。

日本眼鏡関連団体協議会では販売店を通した地域援助が可能か?
また、個人資格の団体である眼鏡技術者協会では地域の眼鏡士の
安否確認がほぼ済んだそうです。


まだまだ安心できるような状況ではなく
慎重に今後の成り行きを見続けることが肝心ですので
情報が入りましたらまた報告させていただきます。

銀細工

2016.04.22

本日も授業のご紹介。
講師の中では一番の若手、伊山先生です。



先生は近江神宮にある近江時計宝飾眼鏡専門学校の卒業生で
メガネ以外でもたくさんスキルのある先生です。



この日の授業は銀細工。
学生も楽しみにしていた講義です。



マイクロトーチで溶かした銀のカタチを整えていきます。



まさしく鍛造ですね。

叩いて整え、宝飾品になっていきます。



完成形は学生オリジナルのアクセサリー♬



自分のものになるとあって学生も真剣な眼差しです。


前期授業で完成できるかな?


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会