めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

ツインレンズ製作

2016.09.30

これまた毎年名物である
ツインレンズ
の製作が始まりましたのでご紹介します。



視力測定で使う、凸と凹のレンズを一つの柄≠ナ保持します。



やっている事は加工の授業ですね。
真鍮の柄に切り込みを入れて…



ちょっと綺麗にできたのでポーズ!



開いた口を直して…



テストレンズもろともドリルでガイド穴を付けます。



最初はよ〜見ていた先生も段々脱線を始めます。



「これで見るとピンホール効果が出てよ〜見えるやろ!」



覗いてみるとグルグル状に見えています。



知らない間に学生の一人は視力の確認へ。
(スポーツ吹き矢ではありません)

もう一週間ぐらいで完成させて実践投入の予定です。




彼岸花

2016.09.29

学校の裏に立派な彼岸花(ヒガンバナ)が咲いていました。



特に田畑の縁に沿って列をなすときには花時に見事な景観です。
時期的に田を刈り取った後で綺麗に咲いている赤色の花は
「綾小路きみまろ」の毒舌漫才で
老人の顔にぬられた真っ赤な口紅≠ノ例えられます。
(個人的主観意見)


綺麗な花とは裏腹に全草有毒で、特に経口摂取すると
下痢や吐き気を起こし、ひどい場合には死に至ります。


彼岸花の名の由来は秋の彼岸ごろから開花することに由来します。

別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、
というものもある恐怖の毒草です。

とある病院では点滴に薬物(界面活性剤?)を入れられて
ニュースで取りざたされていますが、トリカブト≠ネど
日本固有の毒素もそこら中にあるのです。

これだけ怖い植物ですが、毒成分の一つであるガランタミンは
アルツハイマー病の治療薬として利用されています。

毒を以て毒を制す≠ナすかね〜。


何はともあれ、季節を感じさせる風物詩が学校にも来ている話でした。


カラーコーディネーター検定

2016.09.28

前期の授業から引き続き勉強している『カラーコディネーター検定3級』
も大詰めです。


「色」の知識を問う検定試験には
『色彩検定』と
『カラーコディネーター検定』
の2種類あります。

色彩検定は
服飾系団体から始まった資格なのでファッション分野に強いです。
一方、
学校の授業で取り入れてる
カラーコーディネーター検定は
商工会議所が主体なので
学術的、工業的な分野に強いと
いう見解です。



カラーコーディネーター検定は理論的な内容が多いので
覚えることが多く、若干難易度が高いと言われています。

メガネでの必要性は
ファッションだけでなく
レンズの知識を深める意味でも
色の学術的な内容を学ぶ必要があるので
『カラーコーディネーター検定』の内容で勉強しています。



光のこと、色が見える仕組みまでの眼の構造、色を正確に見るための
測定方法、それから色の配色方法など沢山のことを学ぶ必要が
あります。



今日の授業は
”色がもたらす心理的効果”です。



色の三属性からどういう心理的効果をもたらすのか、
またそれをレンズカラーに結び付けて考えていきます。


やらねばわからん

2016.09.27

後期に入ってやっと乾先生の登場です。



先生の中でも随一の理論派。

フィッティングの授業では基本の理論に裏付けられた
テクニックを指導されます。



まず、先生のお手本。

ヤットコの持ち方、微妙な力加減はプロでも難しいです。



これは体で覚えないとわかりません。
実際にやらせてみて課題を指導します。



SS級認定眼鏡士試験でも使用されるマネキン。

ちなみにやはり生身のお顔のほうが難しいので
マネキンからの実習です。
(文句を言いませんからね)



この指導スタイルは私の好きな名言のままです。

学校などで教育を担う先生として
常々目標としている言葉です。(筆者)

こんな気持ちで後期も頑張ります。


叙勲祝賀会

2016.09.26

大阪の眼科医会で長年にわたり会長をお勤めになられた先生が
春の叙勲にて旭日双光章を授章になり
昨日は祝賀会に参列してきました。



200名以上の参列者の中、メガネ関係は8名だけ。
周りは国会議員、市長や名のある医師先生ばかり。

大阪の力ってすごいんですね。



メガネの業界では卸の元理事長が数名、過去に授章されました。
人望があり、業界をリードしないと、叙勲には選ばれません。



おいしい料理にしたつづみ。
お土産まで頂いたのですが、これまたびっくりポン。



菊の御紋の包装から出てきたのはお盆。
これまた菊の御紋をめでたい鶴で囲んでいるではないですか。

ちょっと簡単には使えません。

この年になると結婚式に呼ばれることも少なくなり
最近では数少ないお祝いの席でした。

卒業生が授賞したらいつでも駆けつけるヨン


資料請求 学校体験会