めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

彼岸花

2016.09.29

学校の裏に立派な彼岸花(ヒガンバナ)が咲いていました。



特に田畑の縁に沿って列をなすときには花時に見事な景観です。
時期的に田を刈り取った後で綺麗に咲いている赤色の花は
「綾小路きみまろ」の毒舌漫才で
老人の顔にぬられた真っ赤な口紅≠ノ例えられます。
(個人的主観意見)


綺麗な花とは裏腹に全草有毒で、特に経口摂取すると
下痢や吐き気を起こし、ひどい場合には死に至ります。


彼岸花の名の由来は秋の彼岸ごろから開花することに由来します。

別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、
というものもある恐怖の毒草です。

とある病院では点滴に薬物(界面活性剤?)を入れられて
ニュースで取りざたされていますが、トリカブト≠ネど
日本固有の毒素もそこら中にあるのです。

これだけ怖い植物ですが、毒成分の一つであるガランタミンは
アルツハイマー病の治療薬として利用されています。

毒を以て毒を制す≠ナすかね〜。


何はともあれ、季節を感じさせる風物詩が学校にも来ている話でした。


カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会