めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

恒例の合同授業(2)

2017.01.31

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。
昨日の続き...

さて、お待ちかねの二部は、いよいよ本校の学生たちの登場です。



この眼鏡学校で培った日々の授業の成果を
出し惜しみすることなく披露しようとする前向きな姿勢に
頼もしくも感じ入る瞬間でした。

大阪医専の学生さんにとって砥石でレンズのヤゲンを
仕上げるなんて全くの初体験です。



小刻みに震える手で持ったレンズを
回転する砥石へ恐々持っていく医専の学生さんに

「砥石へ当てるレンズの角度はこれぐらいだよ」とか

「もっと力を入れてレンズを削った方がいいよ」とか

適切なアドバイスがそこかしこから出てき始め、
両校の学生達の会話も自然と弾んでいました。



しかし要所は福田先生と平井先生の双璧が適切な指導をもって
皆を導いていたことは言うまでもありません。
(その時、乾は周りをウロウロ、チョロチョロ!)

しかしながら今年の医専の学生さん達は筋がよく
淡々とこなしていかれるのでタイムスケジュール通りに事は運び、



メガネが仕上がったところで
いよいよ最後の眼鏡調整へとステージが変わります。

つづく


恒例の合同授業

2017.01.30

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

こたびは、毎年恒例となっている大阪医専視能療法学科の学生さんと
本校学生との合同授業についてのリポートです。

1月20日(金)今にも冷たい雨が降り出しそうな曇天の冬空の中、
スーツ姿に身をかためた大阪医専視能療法学科の学生さん
男女6名が颯爽と本校へ来校されました。
迎える本校の生徒たちも少々緊張気味の面持ちながら
元気よくお出迎えをいたしました。



硬さの残る両校の学生たちを前に本校の教務主任平井先生から
歓迎の挨拶と授業内容(加工と眼鏡調整)の説明をしていただいたことで
これからの進行がスムースに運びやすくなりました。
だけど学生たちの表情がまだ硬い?? 
もしかして、皆の硬さの理由は傍にお控えなさる
福田先生から発せられる独特(威厳)のオーラのせい!
(失礼いたしました)



授業は二部構成で、一部は眼鏡調整の基本と要点について
パワーポイントのスライドで詳細に説明をいたしました。
毎年、感心する事ですが大阪医専の学生さん達は
見聞きと同時にメモを上手に取っておられます。
これも授業への真摯な取組む気持ちがあって事なのでしょう。


さて、お待ちかねの二部は、いよいよ本校の学生たちの登場です。


明日へ続く...

VR体験

2017.01.27

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

中尾先生が今話題のVRを学校に持ってきてくれました。



VRとはヴァーチャルリアリティーの略です。
この機械はスマートフォンで映像を映すタイプで
特別なアプリが無くてもユーチューブも画像が手に入ります。



VR、あるいは3Dで検索すると見つかります。
この中の2画面で移すタイプが対象。



まずは先生がその仕組みを説明してくれます。

それから百聞は一見に如かず
生徒も興味深々で見てみると…

このリアクションが千差万別。
今まで体験したことのない映像空間になります。



いちばんリアクションがすごかったのが校長先生!



ジェットコースターの映像を見てもらうと大興奮です!



スマホのジャイロセンサーに反応する360°3D映像は
視点を移動すると画面も連動します。
(上を向くと上の景色が映ります)

傍で見ている人には変なオジサンにしか見えませんが
今後期待される最新映像技術なのです。


様々な機種が大手家電量販店でも特設コーナーで販売されていますので
興味のある方は購入してみてください。

(5千円弱で色んな機種があります)


カリカチュア寄紙細工展

2017.01.26

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

元・眼鏡学校講師の鶴田先生によるアーティスティックな個展が
開催されますのでご案内します。



紙≠セけで作り出すカリカチュア寄紙細工展です。

紙を折ることで作り上げられたユニークな世界観を是非ご覧ください



ちょっと遠いですがお待ちしております。


ケガに注意!

2017.01.25

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の先生は...
加工の亀井先生です。


この頃のメガネはプラスチックレンズがほとんどです。
ですが大阪の眼鏡学校ではガラスレンズの加工にも力を入れています。

やはり軽さではプラスチックに勝てませんが
ガラスレンズの良さは多々ございます。
これはまたの機会に…

今回はガラスレンズをカッティングしている時に
学生が手を切ってしまいました。
ガラスはカットするとかなり鋭利な角ができます。




私も学生時代にはよく指先にケガをしてしまいました。
ケガをしないように加工するのも勉強です。




痛々しい画像でスミマセン。
しっかり用心して取り組んでください。


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会