めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

週末、プレミアムでしたか?

2017.02.27

いつも眼鏡学校のブログをご覧いただきありがとうございます。

先週末は初めてとなるプレミアムフライデー≠ナしたね。

皆様も普段のエビフライから伊勢海老フライに
ランクアップされましたか?



え!!!
フライ違い!?



安倍内閣や経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日に
午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する働き方改革です。


しかし、週末に会った大企業に勤める友人に聞いても
誰一人として三時に帰った話は聞けませんでした。

メガネの業界にとってはプレミアムフライデーの恩恵にあずかる方に
お店に来て欲しい方ですね。


何はともあれ、始まったばかりの新しい試み。
注視していきましょう。



通信教育スクーリング

2017.02.21

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

通信教育課程では8月と2月に、
それぞれ5日間のスクーリングがあります。

みなさん日頃は
めがね店でそれぞれの仕事をこなしているのですが
中には分業化の進んだ店もあって
彼女は販売員専門のため
今回のレンズ加工が生涯の初体験。


丸いめがねレンズを
フレームの玉型に合わせてカット加工します。
自動加工器の画面を見ながら
操作パネルのボタンを押すのもこわごわ。



「これ押すんですか?」
「違う違う、こっち」
「はい!」
「つぎ、この数字を変えて」
「あ。は、はい…」
「そしたら、これ、スタートボタンね」
「え、押すんですか?」
…プチ…(ウィーン…)
「あ。わっ。うごいた!」

初めてのめがねづくりに彼女は感動の様子ですが
彼女のリアクションに、こちらも感動(^^;)



今日のブログは、吉野勝先生でした〜♪

今年度の授業終了〜〜

2017.02.17

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。


専門課程 今年度の授業は終了しました。




4人の真剣な手摺り姿も見納めです。














来年が勝負の下級生は...平井先生から


『今年最後の試験は、
   平井の実技テストで、締めくくり...
    最後の最後だけに真剣そのもの!!
     全て終わってホッとしています』






次は、卒業式だ〜〜〜

夢のメガネ

2017.02.16

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

メガネを掛けておられる方は、一度は思ったはずです。
「1本のメガネのレンズの度数が距離に応じて変わればいいのに、と」
自分も手元が見難くなりだして切に思います。

勿論、今現在はレンズの見る場所によって適切な度数が得られる
遠近両用レンズがあるので重宝してはおりますが、
レンズの視野全体で目的距離が任意で変更できれば
これほど快適なメガネはないでしょう。

このほど、米国光学会が度数を電子制御可能な
「液体レンズ」について、ユタ大学教授の
Carlos Mastrangelo氏の論文を発表しました。


その仕組とは、アクチュエータに接続された2枚の透明な膜の間に
グリセリンを注入したもので、3個のアクチュエータを
適切に駆動することにより、引っ張り方によって
レンズの曲率を変えて眼鏡の度数を調整する仕組み。





このプロトタイプのフレーム中央には赤外線を利用した距離計が
取り付けられており、利用者と見る対象との間の距離を計測。
この距離に合わせ、最適なレンズの厚さを判断する。

プロトタイプのメガネのフレームには、バッテリーも搭載されている。このバッテリーは、一回の充電で24時間以上動作可能だそうだ。

ユタ大学教授のCarlos Mastrangelo氏は、このメガネについて
次のように説明している。


「読書用眼鏡や老眼鏡を使用している人のほとんどは、
四六時中、メガネをかけたり外したりしている。
だが、もうそんな必要はない。(ユタ大学が開発する)メガネを
かければ、常に、ものがはっきりと見えるようになるからだ」




なんだかメガネ使用者にとってはとっても魅力的な話題ですね。
ミリ単位の測距と視線認識技術が成熟すれば
あらゆる距離が1本のメガネで!

既に製品化に向けて動き出しているということで、
3年後を目処に実用に耐えうるメガネが登場しそうです。


接客のためのビジネスマナー

2017.02.15

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。


接客のお仕事をする人は、必ず教わる5つの言葉があります。

『接客五大用語』

@いらっしゃいませ
Aかしこまりました
B少々お待ち下さい
Cお待たせしました
Dありがとうございました

ただ頭を下げるのではなく
感謝を込めてお辞儀をすることが大切です。

この授業の時は
毎回発声と挨拶とお辞儀の練習をします。



お辞儀にも適切な角度があり
きちんと背筋を伸ばし腰から曲げると綺麗に見えます。



廊下ですれ違うときの挨拶 15度



一般的な挨拶、出迎え、見送りなど は30度

重要な相手への挨拶、依頼、謝罪、感謝などは45度

とてもよくできました〜〜

たかがお辞儀ですが
挨拶ひとつで
そこのお店の雰囲気がお客様には伝わります。

次に
男前バーテンダー登場!!
(この格好、ほんまはあかんねんで!!!)



男子も
お茶くらい
入れられなくてはねー。

来客者にお茶を出すマナーです。



3回 ドアをノックして入ります。



丁寧にお茶をお出しします。

立ち居振る舞いがきれいだと
印象もいいですね。



丁寧な仕草がお店の雰囲気となって
居心地の良いお店を作り出すのでしょう。

授業だけでなく普段から意識してやってくださいね。


資料請求 学校体験会