めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

『IT眼症』

2018.06.25

いつも眼鏡学校ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、『IT眼症』という言葉が取り沙汰されています。
ITとは『Information Technology』の略で、
IT眼症とは「IT機器を長時間あるいは不適切に使用することによって
生じる目の病気、およびその状態が誘引となって発症する
全身症状」をいいます。



パソコンによる目の疲れや乾き、頭痛などの症状は
以前よりパソコンなどを長時間使用する人にとって
問題視されてきました。

しかし、それは今まではあくまで大人に対しての症状でしたが、
今や子供でもスマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機器を
長時間使用することが多くなっております。


内閣府調査によりますと、青少年の液晶搭載機器利用率は
90%を超えております。

その内、スマホ・タブレット使用率は80%近くに達しております。
使用時間も2時間以上使用が圧倒的に多く、
いかに液晶画面を注視している時間が長いかわかります。

では、何故液晶画面を長時間見ることが眼にとって
良くないのでしょうか。
いくつか代表的な症例を挙げてみましょう。


画面を注視する時間が長くなると瞬きの回数が極端に減ります。
通常瞬きの回数は1分間に15〜20回とされておりますが、
1分間瞬きをしなくなる場合もあります。
集中していると数分は瞬きをしない例もあるぐらいです。

瞬きが減ると、角膜が乾燥してドライアイの原因となります。
また、近見作業が続くと毛様体筋に疲労が生じ、
いわゆる『スマホ老眼』と呼ばれる
ピント調節がスムーズにいかなくなる症状も出てきます。

そして、スマホやタブレット、携帯ゲーム機器の画面は
必ず液晶画面を使用しておりまして、
現在の液晶画面はサイズが大きく、
輝度が高く明るい画面が多くなっています。

液晶画面の輝度が高くなると網膜に届く青い光
『ブルーライト』も増加していきます。
ブルーライトは可視光線の中でも波長が短く
強いエネルギーをもっております。



したがって、目の中の角膜や水晶体でも防ぎきれない光が
網膜や黄斑部まで届いてしまい、眼障害や
心身変調(体内時計の変調)を引き起こす原因となります。

特に、暗い部屋で睡眠前にスマホやタブレットを間近で見るのは、
液晶機器を使う中でも実はとっても危険な使い方なんですよ!><;



そんなデリケートで大事な眼を守るためには
メガネレンズで有害な各光線を低減しましょう!

皆、無事です。

2018.06.19

いつも眼鏡学校ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日、北大阪を中心とした大規模な地震が発生しました。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

幸い、学生・講師・事務職員共々無事です。



阪急南千里駅では電車が脱線してホームに接触していました。

月曜日はインフラが止まっていたので休講となりましたが

本日より通常通り授業をしています。


今後は余震の心配もありますので皆さまお気をつけください。

お土産

2018.06.01

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

台湾に研修に行かれた先生から、
学生達にといただいたお土産



パイナップルケーキ

サクサクした皮のなかに、
みずみずしいパイナップルの餡
コクがあって、さわやかで
と〜〜ってもおいしいケーキです。



皮のサクサクが、超サクサクなので、
いつものように、事務員さんが、
『ちゃんと座って、こぼさないように食べてね!』
と、みんなに言うてました。

はいはい!わかってます!!

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会